TSWホイール 設立から発展まで


TSWホイールはレーシングの伝統の下、誕生致しました。
元F1ドライバーによって設立され、30年以上の年月を世界中のモータースポーツと共に歩みました。
関わってきたレースはル・マン 24時間レースからスペック ミアータにまで及びます。

ホイールの多くはレーシング技術がベースとなっております。
TSWではRevoやHockenheim R(ホッケンハイム ドイツのサーキット)といった定番でフューチャーされていた、レースにインスパイアされたHEXナットルックの先駆者となり、 これはレーシングカーやモデルカーの間で人気となっています。
このレーシングの伝統を守る為、多くのTSWホイールは今昔のF1サーキットの名前が付けられています。

現在、TSWは様々なJ数があります。
各インチに数種類の異なるJ数を持ち、完璧なフィットメントをもたらします。
17〜22インチのスタッガードフィットメントに対応します。

TSWの多くのホイールでは「ハイパーブラック」や「ハイパーシルバー」のペイントにダイヤモンドカットやミラーカットともに付託されるマシンカットリムがあります。 クロームカラーもファンの間では人気がありますが、「ハイパーブラック」「ハイパーシルバー」がラインナップの多くを占めております。

TSWのホイールはハブセントリックとなるため、ブレることはありません。
高い基準の下、生産されており、純正品の品質を超え、スムーズでより良いハンドリングをもたらします。
TSWホイールは主にヨーロッパで販売されておりますが、アメリカ・ニュージランド・オーストラリア・南アフリカにも多大な影響力を与えています。
またTSWグループでは車メーカー専用のホイールブランドも広く展開しております。







© Copyright 2012, TSW Alloy Wheels | Privacy Policy
Site Design | 車道楽 株式会社